この本には孫悟空も猪八戒も沙悟浄も出てきません。生身の人間、河口慧海がたった一人でヒマラヤを越えてチベットに仏教経典を取りに行ったお話です。西遊記の三蔵法師、玄奘三蔵の名を多くの日本人が知っているのに、チベット旅行記の河口慧海の名を知っている日本人があまりに少ないのを残念に思い、原作から主に慧海の旅程を抜粋して紹介しました。




オンデマンド印刷書籍(B6版)
※オンデマンド印刷書籍のためカバー表紙はありません。また原則、返品には対応できません。予めご了承ください。万が一製本時の糊付け等が甘いなど書籍として完成されていないデータがございましたら製本会社様のお問い合わせフォームからお問い合わせを頂けますようお願いいたします。

電子書籍  












(C) Tabinchu Terada